INTERACTION

体験を価値ある情報に。プライスレス。

就活おすすめサイト&フォローすべきTwitterアカウント【保存版】

人気記事セレクション1. 出張が多い人にネット環境はWIMAXがおすすめ
2.おすすめ全自動コーヒーメーカーランキング5
3. Surface Pro5はおすすめ!
4. 【比較】英語の勉強にはどのVODがおすすめか?

はい、こんにちはKaitoです。

今回は僕が使っていた就活に関するおすすめサイトや

フォローすべきツイッターアカウントを紹介したいと思います。

 

就活は情報戦と言っても過言ではないので、情報を知っとくことに損はないです。

 

きちんと情報を活用して第一希望の企業を勝ち取ってください。

f:id:interactive000:20160803231619j:plain

 

おすすめ総合サイト3選

 

この3つさえ見とけばほとんどの情報は網羅できます。

 

www.onecareer.jp

 

 

gaishishukatsu.com

 

 

 

unistyleinc.com

 

おすすめサポートサイト

転職口コミサイト

http://www.vorkers.com/ ←クリックすると飛びます

 その企業に働いている人の生の声は聞きづらいですが、転職サイトならばっちり。登録が必要ですが、学生なら無料で使えます。

 

企業からオファーが届きます。

offerbox.jp

 こちらから応募するのではなく、自己PR文や写真を載せておくと企業が参照し、会いたいとオファーを送ってくれるサイトです。きちんと書けばけっこうオファーは届きます。

 

交通費が痛手になってしまうと感じる人に

supporterz.jp

基本的にはベンチャー企業が中心ですが、説明会などに参加するとお金が支給されるというもの。近場だと金額は減る場合がありますが、交通費くらいなら浮かせられるので活用すべし。

 斬新なスカウト型。

29reach.com

 お肉を食べながら企業の人に会えるというなかなか太っ腹なサイトです。

 

OB訪問のためのサイト

ソーシャルランチ ←クリックすると飛びます

OB訪問をしたいが自分の大学にはOBがなかなかいない。どうしたらOB訪問ができるのかわからないといった人におすすめ。簡単にOB訪問ができます。

 

 

おすすめフォロワー

総合商社の中の人

総合商社の中の人 (@shukatsushosha) | Twitter

→質問も受け付けてくれるアカウント。商社の実情ツイートも多いし、普通に面白い投稿が多い。

 

トイアンナ

トイアンナ『恋愛障害』発売中 (@10anj10) | Twitter

→元外資系メーカーのライターさん。

就活支援会社のライターもされているので良い情報もたまにある。

 

外資就活ドットコム

外資就活ドットコム公式 (@gaishishukatsu) | Twitter

→良いセミナー発信してくれています。記事のクオリティも高い。

 

ONE CAREER

ONE CAREER(ワンキャリア) (@onecareerjp) | Twitter

→優良記事が多い。

 

就活中に疲れることがあったら携帯に逃げることが多いので

そこでも情報を得られるように、ニュース系のアカウント、就活支援会社のアカウント、志望先の企業のアカウントをフォローするのがおすすめです。

 

その他

先輩がやっているブログです。けっこう参考になるのでどうぞ。

xxxqxxx.hatenablog.com

 

総合商社を目指す人なら読んでいて損はない記事

商社の仕事について書かれたブログです。

globalbiz.hatenablog.com

 

 外資金融を受ける人はおすすめ。

blog.livedoor.jp

 

化学メーカーを志望する人はおすすめ

nomad-salaryman.com

 

 

メガバンや他のメーカーの情報なら

ONECAREERか外資就活ドットコムにたくさん掲載されています。

 

あとは自分ががんばるだけです!

早い人は夏から頑張っているので他の人に負けないようみなさん自分の力を発揮してください。

早いうちから考えないとどこが自分に合っているのか、どのような職種につきたいのかわからないので新聞などで情報を集めることが大事ですよ。

 朝日新聞デジタル「就活割」

学生なら安くなるのでおすすめ。

最もおすすめなのは日経ビジネスです。新聞だと時間がないし、もっとまとまったものが読みたいと思う方は日経ビジネスですね。これを読めば経済の最先端を行くことができます。僕も就活始めるらへんから読み始めました。学割もあり、読むなら今!

日経ビジネスはこちらから