INTERACTION

体験を価値ある情報に。プライスレス。

アメリカのボストンおすすめグルメ&スイーツを堪能したぞ!

人気記事セレクション1. 出張が多い人にネット環境はWIMAXがおすすめ
2.おすすめ全自動コーヒーメーカーランキング5
3. Surface Pro5はおすすめ!
4. 【比較】英語の勉強にはどのVODがおすすめか?

こんにちは。Kaitoです。

 

そろそろボストンも終わりに近づいてきました。

なにげに色々とあったボストンでしたが、なぜかまた来たいと思っている自分がいます。

 

記憶に残ることがあったほうが、そういう感情が起きやすいのかな?

まあ大々的にダメージを負ったわけではないので、ちょうどよかったのかもしれません。

 

ボストンで2軒目のホストは美男美女で、しかも優しいという完ぺきな夫婦です。

 

しかもどこの誰ともわからない僕に、夜の間ずっとipadを貸してくれたおかげでNetflixを見ることができました。すげー優しい。

 

すかさずフレンズを見て、英語の勉強をしていました。

 

1日目の夜はタコスとラザニアというメキシカン料理を作ってくれたのでいただきました。

外食ばかりだったので家で食べる家庭の味はどこの国の料理だろうと心に染みます。

 

2日目は奥さんが風邪をひいていたので近くのレストランで1人で食べました。

 

f:id:interactive000:20161130212449j:plain

 

結局、ハンバーガーになるんです。

んぜかバンズがバンされていない状態だったので自分でしたら

f:id:interactive000:20161130212450j:plain

 

こんな感じに。

ここのハンバーグはおいしいといわれて来たのですが、口コミ大事、めっちゃおいしかった。でも一人で入るような場所ではなかったぞ!

日本でいうと居酒屋っぽくて、ちょっと1人じゃ入りづらいところでした。

 

 

 Caffe Vittoria

f:id:interactive000:20161130212457j:plain

 

ティラミスが絶品と聞き、このお店にやってきた。

ティラミス大好き男としてここは行かなきゃならない相手である。

 

絶対に行くと決めておきながらもマップでどこにあるかなど全く調べずにぶらぶらと歩いていると発見して運命的なものを感じた。

 

普通にわかりやすいところにあります(笑)

f:id:interactive000:20161130212458j:plain

 

店内はこんな感じ。

ウエイターのおばちゃんのサービスが悪いとか口コミで見たが、そんなの味がよければいいのである。

そもそも日本人にとってほぼすべてのサービスは日本で素晴らしいサービスに慣れているので粗悪なものに感じるのは間違いない。

 

それでチップまで取られるので文句も言うのは仕方ないと思うが郷にいては郷に従えなのである。

 

このサービスの悪さもアメリカらしさなのだろうと思えてくる。

 

と文化にも少し触れたが、ここのメインはやはりティラミスである。

すぐに食レポに移るとしよう。

 

f:id:interactive000:20161130212459j:plain

 

ティラミスとカプチーノを注文。

どちらもうまそうである。

 

f:id:interactive000:20161130212448j:plain

 

値段が書いてないのが怖かったが、確か5ドルくらいだったはず。

けっこう量もあり、イタリアに行ったことがないので本場の味は知らないが、

今まで食べたティラミスの中ではピカイチのうまさを誇った。

 

さすがイタリア街だけある。と思いながら食べていた。

 

f:id:interactive000:20161130212500j:plain

 

ココアパウダーがまぶしてあるカプチーノであったが、うまい。

最初は節約のためにコーヒーなしにしようかと思ったが注文して正解だった。

 

うーん、ここは少し入りづらい雰囲気があったけど入るべきところなんだな。

 サムラグラッサ

f:id:interactive000:20161130212515j:plain

 

ワシントンで泊めてもらったホストに聞いたおすすめのレストランに来てみた。

土日が休みでお昼しか開いていないというまあまあレアなお店であるが絶品であるのは間違いないと太鼓判を押されたのでまあまあ歩いてきてみた。

 

f:id:interactive000:20161130212516j:plain

これがシグネチャーサンドのパストラミサンドに使われるお肉。うまそうでしょ。

 

これがおすすめと聞いた気もするが、どれでもうまそうだったのでてきとーに選んだ気がする。

f:id:interactive000:20161130212517j:plain

 

アメリカはファストフードしかないと馬鹿にしていましたが、絶品すぎてびっくり。

見た感じ量が多いのですが、ぺろりといけちゃううまさ。

 

フィラディルフィアで食べたのに似ているけど、パストラミサンド系はうますぎる。

時間的な制約という点で来づらいですが、ぜひここは来るべき。

 

とにかく肉がうまい。この値段でこの味が出るかー!と感服。

f:id:interactive000:20161130212518j:plain

 

ちなみに店内はこんな感じになっているぞ。

開店と同時に入ったので空いているかな。

 

 マイクズ・パストリー

f:id:interactive000:20161130212501j:plain

続いてまたノースエンドに戻り、デザートを堪能。

ここはノースエンドで最も有名なイタリア伝統の焼き菓子店であり、観光客でいっぱいの人気店である。

 

また戻ってきたのは多くの人がここの堤箱を持っていたので、これは食べてみなければ!と思いネットで調べてから戻ってきた。

f:id:interactive000:20161130212519j:plain

f:id:interactive000:20161130212520j:plain

 

古色をおびたショーケースには甘そうな焼き菓子がズラーリ。夏ともなれば大変な混雑で50席あるカフェは常に満席。早朝か夜に訪れるとよさそう。クッキーやパイ、ケーキをはじめジェラートもある。

 

種類が多すぎて非常に迷ってしまう。

 

f:id:interactive000:20161130212521j:plain

 

近くの薬局でオランジーナを購入。

絵になるでしょ?

 

さてさて、私が今回注文したのは・・・

f:id:interactive000:20161130212453j:plain

リコッタパイ!

リコッタチーズを贅沢に頬張れる感じが何とも幸せです。

 

ホールしかないと思いきや、聞いてみると1ピースから購入可能だったので

 

f:id:interactive000:20161130212452j:plain

 

そしてカノーリ!

ここに来たらこれを食べずには帰れません。それほど有名です。

 

味はとりあえず一番人気とのことのチョコチップ味。

 

サクサクとした生地と中の濃厚なクリームのハーモニーが素晴らしい。

一番人気のチョコチップ味を始め、リコッタチーズ味、ピスタチオ味など、20種類近くの味があり、カノーリ以外にもたくさんのケーキがあるのでそりゃあ人気のあるお店ですね。

 

値段も全体的に3ドル~5ドルくらいとリーズナブルであります。

 

個人的には私が注文したこの二つは外せないと思いますよ。

 

以上ボストンスイーツ堪能自慢でした!